Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

shota-mのはてなブログ

素敵な君はBaby いかれた僕のBaby

love,yellow jellyfish

ちょうど10年前



僕はパンク・ロックがそろそろお腹いっぱいになってきて、巷で評価の高い「くるり」というバンドの良さが徐々にわかってきた頃だった。はじめて東京を聴いた時は、正直ダサいと思いしばらく敬遠していた。
近所のTSUTAYAで借りてきたアルバムは「TEAM ROCK」だった。ばらの花。美しくて寂しい旋律。
それから『さよならストレンジャー』から『NIKKI』まで聴いた。それぞれのアルバムに全く違う良さがあった。



図書館で中間テストに向けて勉強していたら、同じ制服で学年が一つ下の女の子を見かけた。
声をかけたら仲良くなった。

「おねぇちゃんの影響で、わたしもくるり好きですよ」

僕はドキドキしていた。
くるり好きな女の子は存在していた!!
それも同じ高校に!!!!
ジャニーズか、ラルクか、オレンジレンジかと思っていた。失礼。

「恋するクラゲが好きです。」


恋するクラゲ?
そんな曲聴いたことない。直球を待っていたら、おもいっきり変化球がきた。



彼女はアルバムを貸してくれた。
そのアルバムは、インディーズ時代の1stミニアルバムで『もしもし』という。
全然知らなかったのだが、すごいレアなアルバムだった。

このCDは1000枚限定発売であり、現在では入手困難となっている。その為、インターネットオークションなどにおいては、かなりの高値で取引されている(定価は税込1500円)。 ※wikiより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%82%E3%81%97_(%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0)


=
くるりの中で10曲選べといわれたら、恋するクラゲはきっと入ってくると思う。
思い出補正がかかった曲。





桜散る目黒川沿いを歩いていて、シャッフル中のiPhoneから『恋するクラゲ』が流れてきたので、昔を思い出したという話でした。おわり。