Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

shota-mのはてなブログ

素敵な君はBaby いかれた僕のBaby

【超簡単】メーターが上がるギリギリでタクシーを停車させる方法

たまにタクシー乗ります。
普段は自転車通勤なんですけど、朝時間がなくて雨だとだいたいタクシーで通勤するタイプです。月に2-3回ですかね。


悔しいのが、「そうですね〜根津美術館のちょっと手前で止めてください〜」って言ってギリギリでメーターが上がるとき。
タクシーの運ちゃんは2種類いると思っていて

Aタイプ:(あっ…ギリギリで上がっちゃったなぁ、、、気まずいなぁ…1250円でいいですよって言いたいなぁ。けど、言えないなぁ…なんか申し訳ないなぁ…)
Bタイプ:(ふっ…ギリギリだが商売なんでね…ぐふふ。これが勝者と敗者を分けるウイニングパットだよキミ〜儲け儲け〜)

ギリギリで上がってしまうと、AでもBでも気持ちが晴れない!そして外は雨!!!
ちょっと話がそれました(失礼)


ここから肝心の、ギリギリの見分け方を紹介します。


こちら見覚えのある、普通のタクシーメーターですよね。
f:id:shota-m:20090514175643j:plain
(※画像元 http://ja.wikipedia.org/wiki/タクシーメーター)


赤で囲った部分に注目!しばらく走ると白い棒みたいなのが4本あらわれて、右から1本ずづ消えていくんです。
最初は白い棒出てないんです!でも、しばらく走るとまた現れるんです。
f:id:shota-m:20131003002616p:plain


白い棒の動作イメージ

最初は白い棒ない
↓(しばらく走る)
ー ー ー ー

ー ー ー

ー ー



料金が上がる!!

体感値としては10m置きくらいに、白い棒が減っていく感じでした。
なので、白い棒が3本くらいのとこで止めれば、ギリギリでタクシー止められるかなぁと思いました。



リアルライフハックのご紹介でした。
ご参考まで